寒い冬に必要なもの

これは、自分の命式。

年柱:辛酉
月柱:庚子 (癸)
日柱:乙亥
時柱:庚辰

火の五行が一切ない。冬生まれで、命式全体が冷たい。

だから、是が非でも暖めてくれる「丙(ひのえ)」がほしいんだ。

命式に丙が来てくれれば、寒さをしのげる。

 

でも、丙が回ってきても

結局年干の辛(かのと)と変化干合するから、

一生俺の命式には太陽の暖かさが来ない。

 

あぁ寒い、火の五行の暖かさが欲しい。

マッチ売りの少女ではないが、

火のぬくもりが欲しい。

 

俺の命式は、一生冷たいまま。

俺はこのまま冷たく終わる悪い命式なんだ。

 

28歳の時、僕は結婚した。

一緒にいて一番安心できる相手だったし、

気の弱い僕にとって、

4歳年上の嫁はなんか心強かった。

 

2014年、僕は四柱推命を習い始めた。

色々勉強が進むうちに、

細かく相性を割り出せるようになった。

ふと気になったので、嫁の命式を割り出してみた。

年柱:丁巳
月柱:丙午 (丙)
日柱:丁巳
時柱:甲辰

「暑い、暑すぎる、なんてメラメラ燃えてる命式なんだ」

「例えるなら、イエモンの太陽が燃えてるだ」

 

僕が一番欲しい「丙」を持ってるし、

甲(きのえ)もある。

なるほど~!!自分が欲しい十干を全部

持ってるわけだ!!

だから、なんだか安心できたし、

頼りがいのある人だなぁって感じたのか。

 

僕の命式だと、通変星で丙が来ても

年干の辛と変化干合するから

実際に丙はこないけど、

嫁というパートナーを得て丙を得たのである。

 

嫁に嫌われるか、僕が手放さない限り、

命式に暖かさが保たれる。嫁がいて良かった。

 

実は面白いことに、

嫁にとっても僕は役に立っていて、

逆に嫁は暑すぎるので、

冷ましてくれる命式が必要。

 

通変星で補えないものを人で補う。

四柱推命で、人と人の組み合わせの

重要性を知った。

 

※補足
丙は太陽を表し、丁はろうそくの火を表します。丙・丁が図で説明されている記事
辛と丙が干合すると、月令が水(壬・癸)の場合、辛が癸、丙が壬に変化します。

 

メルマガ