【スッキリ解決】四柱推命で身弱の内格ってなんですか?

四柱推命を鑑定を受けた時、「あなたは身弱の内格です」って鑑定されたことはありませんか?なんか「弱」ってつくので、運勢が弱いとか、体が弱いのかなって思いがちですよね。でも、実は違うのです。

そもそも身弱の内格とは?

言ってしまえば、格局の名前であります。先ほども述べた通り「運勢が弱い」とか「凶」という意味ではありませんので、ご安心ください。では「弱」は何を表すのかというと、自分自身です。自分が弱いという意味なのです。身弱の内格は、自分が弱いので、強くなることを望む命式です。自分が強くなる時期が良い時期、良い運勢となります。例えば、自分を表す日干が甲だとしましょう。その時、自分を強くする壬や癸の時期が良い時期というふうに捉えます。逆に、自分自身が弱いので、身弱の内格はさらに弱くなることを望みません。なので、例えば日干が乙だとして、自分を剋す庚や辛の時期を嫌います。

身弱の従格ってなんですか?

身弱の内格とは逆に、身弱の従格というのもあります。これは、身弱なので自分自身が弱いのですが、更に弱くなることを望む命式です。例えば、日干が丁だとして、自分を弱める壬や癸の時期が良い時期となります。(注:格局や命式により異なります。あくまでも例え話)逆に、自分が強くなるのを好みません。例えば、日干が庚だとして、戊や己の時期は良くないと捉えます。

内格か従格か迷ったら?

内格と従格では喜・忌の取り方が変わってきます。内格では喜神の場合、ほとんどは従格では忌神となります。まれに五行の強弱が微妙で(だからといって悪い命式ではありません)、内格か従格か判断に迷う場合があります。そんな時は、あなたの過去の運勢や体調面を伺うことで、内格か従格かがハッキリ分かります。良い時期・悪い時期の喜神・忌神を照らしあえばハッキリします。内格か従格かで自分の活かし方も変わってきますので、もし四柱推命鑑定を受けてとある占い師には「身弱の内格」と鑑定されたが、とある占い師には「従殺格」と判断されたのでは「どっちなんだろう?」って迷いますよね。そんな時は、きちんと腕のある四柱推命の専門家に観てもらいましょう。それが一番です。

専門家はどこにいる?

ただ、専門家に観てもらうのが一番と言いましたが、これから検索して探すとなると一苦労でしょう。そんなあなたの為に当ブログでは「有料四柱推命鑑定」というサービスをおこなっています。このサービスを使えば、自分が内格か従格かがハッキリ分かり、良い時期・悪い時期が明確になります。
有料四柱推命鑑定に申し込む
また、過去の運気で良かった理由、悪かった理由も分かりますので、今後どんな事にきをつけて行けばいいのかも明確になります。宜しければ当ブログのサービスをご利用下さい。

有料四柱推命鑑定に申し込む