四柱推命との出会いは、最悪。

2020年4月20日

2004年に六星占術に出会って以降、

占い本を読み漁るようになった飛鳥宗佑。

 

そんな、飛鳥宗佑が四柱推命に出会ったのは2008年の始め。

その頃気学や姓名判断の本も読み漁るようになっていて、

ジャンルを問わず、占いの本を沢山読んでいた。

「占いってスラスラ入ってくるから分かりやすい」

とりわけ、東洋系の占いを好んで読んでいた。

 

無料四柱推命サイトがあって、

試しに自分の生年月日を打ち込んでみた。

すると、「絶」「死」「病」と自分の命式に出てくる。

「・・・まぁこんなもんか」

所詮自分の運勢なんてこんなもん。

大吉など出るはずがない。

なんとなくこうなる事は分かっていた。

これが、四柱推命との最初の出会いだった。

 

さらに別の無料四柱推命サイトも見てみると、

金の五行(官星)が大過と出る。

3つまでなら良いが、それ以上だと官星がぶつかり合い

社会運を潰し成功しないと出てきた。

 

多いからいいんじゃないの?って思ったけど、

サイトには多すぎるとダメって書いてある。

「だから就職できないのかなぁ」ってなんだかブルーな気分。

当時僕はまだアルバイトの身。

正社員になろうと、度々企業の面接を受けていた。

同棲して2年経つ彼女がいたから、就職して結婚したかった。

でも、就職は決まらない。

 

飛鳥宗佑の四柱推命に対するファーストインプレッションは、

自分の運勢は悪いものだと知る最悪の出会いだった。

 

2008年夏、3日ほど休みをもらって実家の青森に帰った。

父親と会って、話をした。

帰り際「これから先どうするんだ?」と言われた。

明確な答えは出さなかったが、「就活はしてるよ」って言った。

父親に言われた「良いのかアルバイトのままで」が胸を締め付ける。

 

青森から戻った僕は、この先の事を考えた。

親からも心配されているし、彼女もいるし。

でも、なんか身動きが取れないこの感じ・・・

思い立った僕は、風呂上がり唐突に彼女に

「籍を入れよう」って言った。

2,3秒間があって彼女は「うん」と言った。

 

今考えると無謀だったって思うけど、若いパワーだね!

「今自分の力でどうにかできることって何だろう?」

って考えた時、就職は企業の方向性とかあるし、無理って思った。

じゃあ、できることは?って考えたら

「え~い、一先ず結婚してしまえー!!」だった。

一先ず、何かが決まれば何かが動くだろう

という、とてつもなく大雑把な考えのもと決断を下した。

 

しかし、僕の決断はあながち間違っていなかった。

その年の冬、アルバイト先の店長から

「社員にならないか?」というお声を頂いた。

時間帯責任者として働いていた僕を、店長が評価してくれたのだ。

 

僕は快諾し、翌2009年就職を果たした。

そして、その年の5月に無事婚姻届けを出したのである。

 

時は流れ、2014年。僕は、四柱推命を習い始めた。

純粋に運勢学をもっと知りたいという思いと、

過去苦い経験があった、四柱推命を極めたい。

そんな思いからだった。

 

講座が進むと、大運の見方、年運の見方が分かるようになった。

そして、昔傷ついた「絶」「死」「病」の謎が解けた。

官星が大過の謎も解けた。干関係が悪くないし、要は

「必ずしも社会で成功しない訳ではない」

を知れたのが大きかった。

 

運勢を割り出せるようになったので、

早速自分の過去を見てみた。2008年。

年運は、忌神財星運だったが、大運は喜神食神。

食神は、調候喜神でもある。

これか!このお陰でこの時期大きな出来事が

立て続けに起こったのか!

正社員⇒結婚⇒子供の誕生。

幸い、自分には配偶者縁があるのも四柱推命で分かった。

だから、彼女はあの時OKしてくれたのかな。

 

あの時変な四柱推命サイトに出会わないで、

今の四柱推命を教えてくれた先生に

出会っていれば良かったのに。

それが分かっていれば、悩まなかったのに。

思いつめて風呂上がりにプロポーズする事なく、

「今が良い時期だから、大丈夫!!」

なんてカッコつけることもできたのに。

 

まぁ今となってはタラレバだけど、

それでも客観的に正確な運勢を知れるって、

凄い事だと思う。

「勝つため」じゃなく「負けない」為に、

運勢は知っといた方が良い。僕はそう思う。

 

最後に、これからくる喜神運に期待しているのは

他の誰でもなく、僕自身である。

今よりももっともっと良い人生にしよう。そう思うんだ。

だから、四柱推命で自分の事を良く知ってほしい。

飛鳥宗佑は、そう思う。

 

メルマガ