十干の説明 甲・乙

甲(きのえ)は、木・火・土・金・水の五行のうち、木の五行にあたります。五行は陰陽五行であり、陰・陽に分かれますので甲は陰・陽のうち、陽にあたります。

木の五行あたるので、木に関係してくるのですが甲は陽ですので、神社などにあるような大きな木をあらわします。

五行木

乙(きのと)は、木・火・土・金・水の五行のうち、木の五行にあたります。五行は陰陽五行であり、陰・陽に分かれますので乙は陰・陽のうち、陰にあたります。

木の五行あたるので、木に関係してくるのですが乙は陰ですので、甲のような大木ではなく、草木や雑草を表します。
草木

甲(きのえ)五行:木 陽 意味:大木
乙(きのと)五行:木 陰 意味:草木、雑草