五行の相生・相剋

五行とは、木・火・土・金・水(モッカドコンスイ)のこと。これらには相性があります。

相生(そうじょう)とは、自分を生み助けてくれる相手のこと。
・木をこすると火が発生する。木は火を生み、火は木によって助けられる。
これを木生火(もくしょうか)と言う。

・火が燃えると灰となり、土を生む。土は火によって助けられ。
これを火生土(かしょうど)と言う。

・土の中から金属が見つかる。土は金を生み、金は土によって助けられる。
これを土生金(どしょうきん)と言う。

・金属を冷やすと水滴ができる。金は水を生み、水は金によって助けられる。
これを金生水(きんしょうすい)と言う。

・木に水をあげるとよく育つ。木は水によって助けられる。
これを水生木(すいしょうもく)と言う。

五行相生

相剋(そうこく)とは、自分を傷つける相手のこと。
・木は土の養分を吸い取る。土は木によって傷つき、木は土を傷つける。
これを木剋土(もっこくど)と言う。
・熱い火は、金属を溶かす。金は火によって傷つき、火は金を傷つける。
これを火剋金(かこくきん)と言う。
・土は水を汚したり堰き止める。水は土によって傷つき、土は水を傷つける。
これを土剋水(どこくすい)と言う。
・金属は木を切りつける。木は金により傷つき、金は木を傷つける。
これを金剋木(きんこくもく)と言う。
・水は火を消す。火は水によって傷つき、水は火を傷つける。
これを水剋火(すいこくか)と言う。

五行相剋