大殺界、宿命大殺界でしたが好調でした。

私の話ですが、私は六星占術では金星人(-)霊合星人です。
六星占術的には、今年申年(2016年)は大殺界で、更に宿命大殺界の最中ですので、
パッと見とても悪い運気に見えますが、なんてことないです。

今年の十干「丙」が私の年干〇と干合して、〇に変化したので、
欲しかった〇〇の通変星が出現したので、
お陰様で事業は好調でしたし、なんら変な事は起こっていません。
特に、〇〇の通変星が示すように、援助が多かったような気もしました。
強いて言えば、夏に自転車で転倒したくらいかな。悪い出来事は。

この様に、大殺界は悪い時期とは限りませんので、
中には本当に大殺界は運気の良くない年になる人はいますが、
一先ず「大殺界だから」という理由で「あぁ今年は悪い年なんだ」
という変な思い込みは捨てた方が良いです。このブログをお読みの方は。

干支は忌神運でも、十干は喜神運の場合があるので、
総合すると、頑張った方が良い年、成果が現れる年と判断できる
場合がありますので、良くH氏が言うような
「大殺界の結婚は必ず離婚する」
「大殺界の引越しは必ず家を失う」
のような謳い文句は真に受けない方が良いと思います。

実際に干支が切り替わるのは、2017年2月4日0時42分からですが、
ちょっと早く今年を振り返っていて、この様に感じました。

飛鳥宗佑