身強の命式ついて

こう言っては何ですが・・・

身強と言えど強すぎるのでこれ以上強くなる事が良くない身強の方と、
更に、もっともっと強くなる事を良しとする身強の方が居ます。

身強と言えど強すぎるのでこれ以上強くなる事が良くない身強の方を
身強の内格(みきょうのないかく)と言います。
更に、もっともっと強くなる事を良しとする身強の方を
身強の従格(みきょうのじゅうかく)と言います。身強の従格は更に、

・従旺格(じゅうおうかく)
・従強格(じゅうきょうかく)
・一行得気格(いちぎょうとくきかく)

に分かれます。

まれに〇〇の五行が大過で良くない命式って書いてある
四柱推命判断を見かけますが、
これは身強の従格の方には当てはまらないです。
なぜなら、従格は従神が強くなればなるほど良いですから、
とある五行が強く偏っていて良いのです。
ですから、水の五行が大過なので健康面が不安というのは違いまして、
水の五行が喜神であれば、いたって健康体です。

逆に、身強・身弱問わず内格の方は、五行のバランスが取れていた方が
良いです。身強の内格の方はこれ以上強くなる事を凶と
しますので、程よく自分を押さえてくれる漏気や剋気のある通変星
食傷、財星、官星が上手く機能していた方が良いです。
身強の内格の方はこれ以上自分が強くなる事が良くないので、
自分を強める通変星、比劫、印星は良くない通変星となります。

身弱についてはこちらの記事をお読み下さい。
◆”身弱”だからと言って、運勢が弱いという訳ではありません。
◆身弱でも活躍出来る時代?

四柱推命で自分を知る

もし、自分が身弱であるか?、身強であるのか?
また、いつ運勢が良くなるのか?どんな生年月日なのか?
知りたい場合は、有料ではありますが四柱推命鑑定に
申し込み下さいませ。

■鑑定の申し込みは、こちらよりお願い致します。⇒四柱推命鑑定

頂いた個人情報は外部に漏れる事なく、秘密厳守で
適切に管理致します。安心して申し込み下さい。
鑑定中相手をわざと不安に陥れ、高額な鑑定料金を取ろうとか、
鑑定後頂いたアドレスに変な通信販売のメールが来るという事は
一切ございませんのでご安心して申し込み下さい。

飛鳥宗佑