干合があれば相性が良い?半分合ってるけど

昨日に引き続き、干合に関してもう少し書きます。
巷の四柱推命の常識では「干合があると相性がよい」
という定説があるようです。

なので、お互いの日干をみて
「甲と己だから相性が良いね」となるのは、
一見すると正しいですが、半分は間違いと言うか、
干合=相性吉をそのまま受け取ると、
なかなかうまく行かない時があります。

相性というのは意外に複雑で簡単に測れないモノですが、
四柱推命で相性を見る場合は、
干合・支合なども考慮する事はたしかですが、
それだけでの判断では、浅はかな判断と言うか、
もう少し見なければいけないポイントがあるよと言えます。

相性が合う合わないは、干合・支合の他に
日干の相性もありますし、他にも喜神・忌神が合うかどうか?
相手に欲しい十干を自分があるかどうか、
その後の行運はどうかなど、判断すべきポイントが沢山あります。
四柱推命では、それらを総合的に見て相性を判断します。

干合だから相性が良い。そのまま受け取ると、
「あれおかしいな?」となる場合があります。
それもそのはず、そんな見方では確かな相性は測れないからです。

飛鳥宗佑