四柱推命でみる相性について《友人編》

書店で売られている四柱推命の入門書などには
相性を見る場合、日干同士の相性を見ると良い
と書いてあります。

例えば、甲と甲の相性は良い、丁と戊の相性は良い、
乙と庚の相性は悪い、癸と丙の相性が悪いなど・・・

しかし、この日干同士の相性のみで判断すると、相性鑑定としては
不十分であり、価値のある情報として、
鑑定レベルにするには、もう少し判断ポイントがあります。

相手と自分の喜神と忌神が合っているか?
干合はあるか?支合はあるか?
その後の相手の方の大運の流れは?
など、日干の相性が悪いから相性は凶という風に短絡的に
決めつけるのではなく、総合的な判断が必要となります。

私の友人Kは6年ほど前職場で出会い、今ではKは転職した為、
同じ職場では無いのですが、まだまだ関係性は続いています。
良く遠出したり、お酒を飲んだりします。
実はKと私の相性を見ると、
私:日干乙
K:日干辛
ハサミ(辛)が草花(乙)を切ると言う事で、一般的には相性は凶です。

しかし、私の喜神の五行は木と水。友人Kの喜神の五行は金、水、木。
喜神の五行が2つも同じなので、何故か気が合い、関係が続いています。

もし、相手との相性が気になる場合は、簡易的な相性占いではなく、
精度の高い四柱推命で詳しく見てみる事をおススメ致します。

四柱推命で相性を見る場合

お互いの生年月日と出生時間、出生場所が必要となります。
なかなか相手の方に生年月日は良くとも、
生まれた時間と、生まれた場所を聞くのは難しいかもしれません。
占いに理解のある相手であれば良いのですが、
頑張って聞いてみて下さい。

鑑定の場合は、1案件と言う形で承ります。
2名様分の鑑定料金は要りません。
しかし、その他この方との相性も見て下さいと言う場合は、
もう1案件追加と言う形で、鑑定料金は増えます。
参考にこちらもお読み下さい。鑑定料金について

鑑定の申し込みは、こちらよりお願い致します。
四柱推命鑑定
※相手の方の生年月日や出生時間、出生場所を記載する欄がございませんので、
相談内容を記入する欄にご記入下さいませ。

頂いた個人情報は外部に漏れる事なく、秘密厳守で
適切に管理致します。安心して申し込み下さい。
鑑定中相手をわざと不安に陥れ、高額な鑑定料金を取ろうとか、
鑑定後頂いたアドレスに変な通信販売のメールが来るという事は
一切ございませんのでご安心下さい。


占いという特性上、相性が必ず良い結果になる事はございませんので、
その辺を心して申込み下さいませ。しかし、その様な場合でも
「相手はこのような性格が四柱推命的に見られるので、こうすると上手く行きやすい」
といった少しでも前向きになるようなアドバイスはさせて頂きます。
「相性が悪いのでダメですね」というような突き放す言い方しません。

飛鳥宗佑